We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website. Cookie Policy

Ok
テスト・監視・分析ソリューション|Empirix(エンピレックス)
03-5573-8321受付 10:00~18:00(土日祝、年末年始除く)
2016/08/25通信事業者

次世代サービス開発にとって、なぜデバイス分析が重要なのか

次世代サービス開発にとって、なぜデバイス分析が重要なのか

Mobile World Congress in 上海では、カスタマー・エクスペリエンスの最新ポートフォリオ、端末分析を展示しました。このソリューションは、サービスプロバイダがそのネットワーク上-2G、3G、4G-でのモバイル端末のパフォーマンス管理をするために設計されており、サービスプロバイダだけでなく、次世代のネットワークテクノロジーや次世代サービスにおける可能性について模索しているネットワーク機器ベンダも興味をお持ちいただけるものです。 


イベント会場において、様々な来場者の方とお話する中で、最初の検知能力、あらゆる端末タイプー従来のハンドセット、スマートメーター、車両につけられたセンサーなどのパフォーマンスを監視する能力、ベンダーの開発や製品投入戦略において優先すべきものとなっています。


実際、Mobile World Congress上海のテーマは、「Mobile is Me」でした。車へのコネクションやウエラブルといった技術からIoTやスマートシティなど、モバイルテクノロジーが、どのように私達の生活において進化をしていくのか、個人個人の体験が作られていくのか、ということにフォーカスしていました。自動運転技術搭載車両の開発を進めていくことには、多くの議論がなされていました。5Gへの進化とともにIoTの究極のユースケースとなるかもしれません。しかし私達がこの変化を作る前に、LTE-Vehicleのようなテクノロジーといった何か他のものが必要なのです。


現在の3GGP LTE標準を変更した、LTE-Vは、サービスプロバイダと自動車業界の最初の架け橋のように見られます。サービスプロバイダの既存のネットワークインフラを再利用するため、LTE-Vは、速度が速く、低コストでのInternet of Vehiclesと名付けられたものへのアプローチを示すことができる。5Gで約束されているものに比べれば制限はありますー特に遅延や接近度においてーしかしビジネス事例としてそれでも注目せずにはいられません。


■ドライバーセ-フティ:車技術との接続により、ドライバーが交通事故予測や回避できるツールを提供

モビリティ:車両のモビリティアプリケーションに接続し、運行遅延を削減するための選択をシステムユーザやシステム運用者ができるようにします。

環境・トラフィック効率:車両の環境アプリに接続することで、運転手に最適なトランスポーテーション選択をできるようなリアルタイム情報を与えることができる。たとえば、毎日の通勤をスタートする際、アプリケーションは公的交通機関が移動手段としては最速だとおすすめするかもしれません。


自動運転の車やその他の技術進歩を待ち望んでいる間、私達は、既存技術のサポートも必要です。新しいアプリケーションや技術に対応できる最新の端末は異なるネットワークを利用できるかもしれません。企業はその準備をしておかなくてはなりません。いくつかの端末やセンサーは、もっと頻繁にネットワークへ接続し、けれど短い時間、そしてたまには既存の4G へのアプローチを選択するかもしれない。


サービスプロバイダとネットワーク機器ベンダは両者ともネットワークで使用される端末の振る舞いを把握することが必要です。新しい端末が、新しいアプリケーションや技術をサポートすることは、それぞれが異なったネットワークの利用をするかもしれません。重要なことは、どのようにこれらのデバイスの振る舞いを可視化していくか、ネットワークがどちらのアクティブパターンもサポートできるかを確認することです。


エンピレックスの端末分析やその他のソリューションに関しては、ぜひ本ウェブサイトを御覧ください。


Written by Graham Kunz

製品に関する
お問い合わせはこちら

OneSight、VoiceWatchの
無料トライアルも実施中。

03-5573-8321受付 10:00~18:00(土日祝、年末年始除く)
アーカイブ

製品に関するお問い合わせはこちら

OneSight、VoiceWatchの無料トライアルもご用意しております。

受付 10:00~18:00(土日祝、年末年始除く)