当サイトでは、ウェブサイトを快適にご利用いただくため、Cookieを使用しています。 クッキーについて

Ok
テスト・監視・分析ソリューション|Empirix(エンピレックス)
03-5573-8321受付 10:00~18:00(土日祝、年末年始除く)
2019/02/27通信事業者

5Gの導入による生活の変化と経済の活性化 - TRAIがホワイトペーパーで予測

5Gの導入による生活の変化と経済の活性化 - TRAIがホワイトペーパーで予測

インド電気通信規制庁(TRAI)が新たに発表したホワイトペーパーでは、予想よりはるかに急速に進んでいる5Gテクノロジーの導入により、「人々の生活がかつてないほど変わる」と同時に、通信業界に対して新たなパフォーマンスへの期待が寄せられることになると予測されています。必要な先行投資は莫大ですが、5Gはさまざまな業種でその投資に見合う新たな収益源を創出します。


■ホワイトペーパーダウンロードはこちら(英語)


ホワイトペーパー「Enabling 5G in India(インドでの5G導入の促進)」では、インド全体に5Gを導入する上で何が障害になり得るかを明らかにし、利害関係者にその解決策を講じるよう提言しています。5Gの本格的な商用サービスは、2019年の終わりか2020年の始めに開始されると予想されています。専門家は、インドでは2020年までに導入されると予測しています。

  

「通信業界は過去20年間で急速に成長し、関連業界にも経済全体にも多くの変革をもたらしました」と、このホワイトペーパーの前書きでTRAIのR.S.シャルマ長官は述べています。「5Gは、個々のユーザーに接続性の改善をもたらすだけでなく、さまざまな業界のデジタル化も促進する、通信業界における最新の技術開発です。」


シャルマ長官は、このホワイトペーパーが「通信業界と技術官僚の思考プロセスを刺激する契機となり、インドでの5Gテクノロジーのスムーズな導入を妨げる障害を取り除くことによって変革をもたらす」と確信していると述べています。


このホワイトペーパーでは、5Gが導入されれば、エネルギー効率、スペクトル効率、およびネットワーク効率が向上すると報告しています。5Gは、数十億ものIoT(Internet of Things)デバイスを接続する「情報の通路」として機能します。5Gはストリーミングビデオの品質などを向上させるだけでなく、遠隔手術や自動運転車などの重要なサービス配信を確実にします。


インド政府は、5Gをできる限り迅速に導入するための環境整備を目指しています。2017年9月に、勧告を策定するために5Gハイレベルフォーラム(5G HLF)が組織されました。5G HLFは、2018年8月に「Making India 5G Ready(インドへの5G導入に備えて)」というレポートを発表しました。2018年7月には、エリクソン社が最初の公開アクセス5Gテストベッドをデリーにインストールしました。


ホワイトペーパーでは、5Gの用途を3種類に分類しています。すなわち、超高速モバイル通信(eMBB)、大量の端末による通信(mMTC)、および超高信頼低遅延通信(UR-LLC)です。これらの用途の要件はそれぞれ大きく異なっています。eMBBは、ビデオストリーミング、仮想現実、クラウドコンピューティングなどの人間中心のデータを対象とします。遠隔手術や工業生産などの重要な通信に関わるUR-LLCの要件は、より厳密です。mMTCは、「比較的低容量で遅延に敏感でないデータ」を送信するIoTアプリケーションをカバーします。


ホワイトペーパーでは次のように述べています。「要件が異なるさまざまなサービスをサポートするために、ネットワークを支えるテクノロジーにパラダイムシフトが起きています。次世代のモバイルネットワークを強化するために、革新的な技法が開発されつつあります。今後登場するさまざまなアプリケーションに対応できる遅延、スループット、費用対効果の最良の組み合わせを提供するために、モバイルネットワークの機能は細分化され、分散化され、仮想化されていきます。」

製品に関する
お問い合わせはこちら

OneSight、VoiceWatchの
無料トライアルも実施中。

03-5573-8321受付 10:00~18:00(土日祝、年末年始除く)
アーカイブ

製品に関するお問い合わせはこちら

OneSight、VoiceWatchの無料トライアルもご用意しております。

受付 10:00~18:00(土日祝、年末年始除く)