We use cookies to ensure that we give you the best experience on our website. Cookie Policy

Ok
テスト・監視・分析ソリューション|Empirix(エンピレックス)
03-5573-8321受付 10:00~18:00(土日祝、年末年始除く)

DevOpsコンタクトセンター環境のテスト自動化のベストプラクティス

DevOpsコンタクトセンター環境のテスト自動化のベストプラクティス

前回コンタクトセンターでDevOpsについて話したとき、企業文化に方法論を実装することの利点と課題、および最初のステップに関するヒントを説明しました。 次に、テストの自動化の進行と、最大のROIが得られるベストプラクティスについて説明します。


テストを実行するときは、次のことを思い出してください。これらすべてを通して目標に集中してください。


・単体テスト:機能または個々のコンポーネントにフォーカス。

・システム統合テスト:システム内のコンポーネントが相互通信する方法に問題がないか。

・回帰テスト:改善することでレガシー機能が破損しますか?

・スケーラビリティ/パフォーマンステスト:非線形のスケーラビリティの問題を表示するコードまたはパッチを実装しましたか?

・監視:導入後および2日目の操作になります。パッチまたはシステム構成が良いこと以上にトラブルを引き起こさないように確認してください。


フェーズ1で使用するものはすべて、パイプライン全体で再利用可能であり、運用チームが理解しておく必要があります。


テストのベストプラクティス

機能テストと回帰テストを実行する

これは、IVRテストでは特に重要です。


ラボでテストし、実稼働で検証する

この場合、サイズは重要です。通常のラボは規模に合わせてサイズ調整されておらず、おそらく自由に使えるキャリア容量はありません。したがって、実稼働環境向けに特定のテスト事例を作成する必要があります。


カスタマーエクスペリエンスの全過程をテストする

キャリアから個々のコールセンターまたはクラウドベースの場所まで、すべてをテストします。


成功のためのテスト、失敗した場合に備える

システム環境のスケーリング方法を理解し、それに応じてテストを計画します。問題に対処するのに十分な時間を確保できるように、問題が明らかになる可能性があること想定しておいてください。

災害復旧およびフェールオーバーシナリオのテストケースはありますか?これらは、ビジネス中断評価テスト(BIAテスト)で重要です。


コラボレーションが重要

文化を変えることは重要です。企業の縦割り文化と「私には関係ない」という精神がこれを困難な戦いにします。

本件にかかわる専任担当者と技術スタッフ全員が参加するようにしてください。デスクトップサポートもテストに関与する必要があります。


負荷テストでパフォーマンスベースラインを確立。そして本番環境で監視をする

これは、一見小さな変更が大きな問題を引き起こす可能性があることを理解する唯一の方法です。パフォーマンスベースラインがないと、一連の小さな変更が顧客に影響を与える問題につながっているかどうかがわかりません。




製品に関する
お問い合わせはこちら

OneSight、VoiceWatchの
無料トライアルも実施中。

03-5573-8321受付 10:00~18:00(土日祝、年末年始除く)
アーカイブ

製品に関するお問い合わせはこちら

OneSight、VoiceWatchの無料トライアルもご用意しております。

受付 10:00~18:00(土日祝、年末年始除く)