業界初のセルフサービスのエンドツーエンドのテストソリューションをリリース

~コンタクトセンターおよびエンタープライズボイスネットワーク向け~

クラウドベースのテスト自動化ツールで柔軟にカスタマーエクスペリエンスを診断

テストの自動化、ネットワークとサービスのパフォーマンスの監視、保証、分析のリーダーであるエンピレックス社は本日、Hammer クラウドプラットフォームでセルフサービスのエンドツーエンドのテスト機能が利用可能になったことを発表し、業界初のセルフサービステストを実施しました。 コールの起点から終点までのネットワーク、インフラストラクチャ、およびアプリケーションのパフォーマンスをテストおよび監視できる自動化ソリューションです。

COVID-19パンデミックの結果として、数ヶ月で世界中の何百万人もの人々がリモートでの作業を余儀なくされました。この移行により、ネットワークトラフィックパターンが大幅に変化し、ファイアウォール、VPN、SBC、およびホームネットワークに容量と信頼性の問題が生じました。その結果、柔軟でセルフサービスのエンドツーエンドのテストの必要性がさらに重要になっています。

エンピレックスの製品管理およびマーケティング担当上級副社長であるエドアルド・リッツィは、次のように述べています。「技術的な問題は顧客体験に大きな影響を与え、企業に数十億ドルの損失をもたらす可能性があります。企業がクラウド上でエンドツーエンドのテストを実行できるようにすることで、サービスの品質を向上させるために必要な柔軟性、ひいては顧客体験を向上させることができます。」

Hammer Cloudの最新リリースは、ハイブリッドアーキテクチャを活用してエンドポイントを世界中のどこにでも配置できるようにするものであり、キャリア、クラウド、コンタクトセンターアプリケーション、CTIルーティング、およびネットワーク全体のカスタマーエクスペリエンスの向上を目指す組織にとって理想的な選択肢です。

この新しいリリースで有効になる追加機能は、同期された通話と応答のテストスクリプトを作成し、CTI添付データを評価し、ブラインドおよび在席エージェント転送などの完全に自動化された複雑なユースケースを実行し、数千の自動仮想エージェントエンドポイントをすべて内部から管理する機能です。 それらはすべてHammer クラウドインターフェースに入っておりそこから使用することができます。

Hammerクラウドは、マネージドモデルまたはセルフサービスモデルとして現在利用可能であり、テストの自動化をネットワーク、企業、予算の規模またはエンドポイント数をそれほど考慮することなく実施することができます。

<お問い合わせ>

エンピレックス株式会社 セールス担当 Japan-Sales@empirix.com

お問い合わせはこちら

無料トライアルやデモのご用命は、お問い合わせフォームをご利用ください。