OneSight 12.1 日本語版リリースのお知らせ

2020/ 9/ 7

エンピレックスの音声/Webトランザクション監視製品 ”OneSight” の新バージョン12.1日本語版をリリースいたしましたので、お知らせします。

【OneSight 12.1の主な特長と機能】

  • Adobe Flash の除去
    OneSight 9.4で採用されているAdobe Flashは2020年末にサポートが終了されるため、OneSight 12.1では取り除きました。
  • Selenium Webトランザクションモニターの提供
    オープンソースのWebアプリケーションテスト自動化ツールであるSelenium をWebトランザクションモニターとして採用しました。
  • Oracle OpenScript 13.1 のサポート
    OneSight 12.1のOpenScript Webトランザクションモニターの、TLSハンドシェイクにおける問題を解決しているOpenScript 13.1をサポートします。
  • ソフトウェア脆弱性問題に対応
    Java 1.8 とTomcat 9.0を採用
  • システム動作環境: Windows Server 2016, MS SQL Server 2016に対応
  • ブラウザ動作環境: IE 11, FireFox 55以降、Chrome 60以降に対応

 OneSight 12.1の入手方法やリリース情報については、右記お問合せフォームよりご連絡頂くか、弊社セールス担当へEメールでお問い合わせください。

セールス担当 Japan-Sales@empirix.com

お問い合わせはこちら

無料トライアルやデモのご用命は、お問い合わせフォームをご利用ください。