当サイトでは、ウェブサイトを快適にご利用いただくため、Cookieを使用しています。 クッキーについて

Ok
テスト・監視・分析ソリューション|Empirix(エンピレックス)
03-5573-8321受付 10:00~18:00(土日祝、年末年始除く)
ニュース&イベントセンター

エンピレックス、通信サービスの顧客体験品質スコアリングに関する特許を取得

  • in
  • Twitter
2018/04/20
  • in
  • Twitter

2018年4月17日

エンピレックス株式会社

(米国発抄訳)

 

 エンピレックス社は、通信サービスのQoE(Quality of Experience:顧客体感品質)スコアリング手法に関する米国特許番号US9853867を取得しました。他のスコアリング手法とは異なり、エンピレックスの手法は「QoE指数」と呼ばれる1つのスコアを提供します。受動的な、または能動的な測定に基づき、エンドユーザーが主観的に体感しているサービスの全体的な満足度を評価することができます。

 この機能は、IntelliSightアナリティクスプラットフォームの重要な役割を果たし、通信ネットワークがサービスを提供する際にQoEに影響する「イベントチェーン」全体と自動的に相関します。これは、インフラストラクチャのサービス品質のスコアリングに限定され、エンドユーザーの認識と期待に対するスコアリングができない既存ソリューションの機能をはるかに上回ります。

 

 特許を取得したスコアリング手法のもう1つの重要な機能は、完全にカスタマイズ可能―あらゆる通信インフラストラクチャのどのようなサービスとも互換性があることです。 さらに、既存のパッシブ/アクティブ・モニタリング・システムを置き換えることなく、測定可能な要素を活用することができます。IntelliSightは、ユーザー毎の体感品質とネットワークパフォーマンスを組み合わせ、位置情報、ネットワーク要素、アプリケーション、デバイス、顧客アカウントやサービスを含む複数のアイテムまたは全体に対してQoE指標を把握することを可能にします。


■エンピレックス社 NFV サービス保証 特許発明者、プロダクトマネージャー Angelo Baccaraniのコメント

「通信サービスプロバイダーには、さまざまな情報源からのKPIが氾濫しています。しかし、彼らは依然として『当社がユーザーに提供している総合的な品質はどうだろうか?』という問いに対する具体的な回答を把握できていないのが実情です。」


 ネットワークパフォーマンスや音声/ビデオMOSのスコアリングには多くの業界標準がありますが、それら単独ではユーザーの体験品質に関するエンドツーエンドの視点での評価を把握することはできません。エンドユーザーの期待と「イベントチェーン」全体の完全な視点を含めることで評価の把握が実現できるのです。さらに、NFV/SDNアーキテクチャ、IoT、および5Gへの移行によって、提供されるサービスが複雑になり、QoEスコアリングはさらに困難になっていきます。


「今回、このような特許を取得するで、当社のサービスの独自性が認められ、サービス保証業界における当社の優位性を改めて認識することができました」


 エンピレックスのQoEスコアリング手法はすでに米国とヨーロッパの複数の大手サービスプロバイダーに導入され、サービスの品質について、かつてない可視性を提供しています。


 <お問い合わせ>

エンピレックス株式会社

マーケティング担当 Japan-Marcom@empirix.com

製品に関する
お問い合わせはこちら

OneSight、VoiceWatchの
無料トライアルも実施中。

03-5573-8321受付 10:00~18:00(土日祝、年末年始除く)

製品に関するお問い合わせはこちら

OneSight、VoiceWatchの無料トライアルもご用意しております。

受付 10:00~18:00(土日祝、年末年始除く)